サイトタイトル

学会抄録の掲載ONLINE JOURNAL

J-STAGE[電子ジャーナル]とは・・・ABOUT

抄録・論文誌の制作から、電子ジャーナルでの公開まで一括してお任せください。

J-STAGEは科学技術振興機構の運営するオンラインジャーナルです。
学協会が発行している学会抄録・論文誌の発行を電子化し、インターネット上で公開することで世界中どこからでもアクセスできるようになります。

現在発行中の学会抄録・論文誌を容易に、かつ低コストで電子化できます。弊社では学会抄録・論文誌の発行から、J-STAGE導入までお客様とご一緒に考えていきます。

科学技術情報発信・流通総合システム

J-STAGE[電子ジャーナル]の特徴FEATURES

  • 印刷物のデータを流用し公開できます

    冊子のデータの一部を検索用など機能ごとに切り分け、アップロードするだけで、現在の編集・製作の流れで電子ジャーナル化が可能です。

  • 充実した検索・目次機能

    印刷物では膨大な論文情報から特定の語句を検索することは困難ですが、電子ジャーナル化することで瞬時に検索が可能になります。データの閲覧・その引用の為のデータのテキスト抽出が可能になります。精度を重視した項目一致検索と全文を網羅する全文一致検索の両方が可能です。

  • デザイン・ユーザビリティ

    見やすく美しいトップページをもとに、検索ページ・目次ページなどの補助ページも一貫したデザインで目的のページへ直感的にたどり着けます。

  • 海外文献データベースとの相互リンクが容易に

    BIBデータ(書誌情報、引用文献情報)、本文検索用テキスト、全文閲覧用PDFをアップロードし公開することでChemPort、PubMed、CrossRefを経由し、海外の様々な電子ジャーナルサイト上の論文と相互にリンクされ、世界中どこからでもアクセスできるようになります。

  • XMLワークフローとの連動へ

    平成24年度より本格稼働する次期J-Stageシステム(J-Stage3)では、書誌データを米国医学図書館(NLM)が策定した雑誌論文のためのDTDに準拠したXMLデータで運用することにより、オンライン入稿→オンライン査読→書誌データへのシームレスなワークフローが実現されることになります。
    また、XMLを使用することにより作成したデータから紙媒体のみならず、デジタルブックなど別媒体へワンソースマルチユースでの展開も容易になります。

その他の利点

  • 論文をインターネット上からwebブラウザで検索・閲覧することができます
  • 海外の電子ジャーナルサイト等からのリンクにより、自分の論文を広く世界に公開できます
  • 引用文献リンク機能により、論文が引用している文献等を検索できます
  • 動画や音声などの電子付録で、より具体的に研究内容を参照できます
  • 印刷物の発行以前に電子ジャーナルとして、いち早く論文を公開できます
  • 投稿審査システムをご利用の場合、論文の査読や審査の状況がリアルタイムで確認できます
  • 論文登録することで、データベースとして管理することができます

運用実績の一例CASE

  • comuoon
  • ハーブ馬肉
  • 街頭ビジョン
  • J-stage

お問い合わせCONTACT

業務に関する質問や資料請求など、
お気軽にお問い合わせください。